借り換えシミュレーションで返済負担を確かめる

住宅ローンの借り換えには、様々な諸費用がかかるので、ただ単に金利が少し低いだけでは、総負担額としては結局高くなってしまう可能性もあります。
では、どういった条件の時に借り換えをするのがよいのでしょうか。
住宅ローンの借り換えで、どの程度返済負担を減らすことができるかは、銀行などの窓口等で相談すれば試算をしてくれますが、まずはご自身が次のケースに該当するかを確認してみましょう。
以下の3つの条件に当てはまるなら、借り換えによって返済負担を減らすことで期待できます。

1.現在借りている住宅ローンと借り換え後の住宅ローンの金利の差が 0.5~1.0%以上

2.ローンの残高が 500万~1000万円以上

3.返済残り期間が10年以上

最近では、インターネットで借り換えのシミュレーションをできる銀行もありますので、是非利用してみてください。