住宅ローンの見直し方法

住宅ローンは20年・30年と長い期間をかえて返済していくため、借り入れ当初とライフスタイルが変わっていくのも当然ですよね。

無理をしながら支払い続けるのではなく、数年先を見据えて見直しをするのがおすすめです。

経済状況の変化とともに住宅ローンサービスも変わっていきます。その時々にでている住宅ローンを上手く活用しながら、ローン完済までがんばりましょう。!

こちらのページでは、ローンの見直しで『繰り上げ返済』が有効なケースをご紹介します。


【毎月の返済にかかる負担を軽くしたい】

『借り入れ当初よりも収入が減ってしまい返済が苦しい』『子供の教育費が思っていたよりも必要になった』などの理由から、毎月の返済額を減らしたいと考えている方も増えています。
そんな時には『金利が低いものへの借り換え』『フラット35への借り換え』が適しています。
しかし、金利が低いものへの借り換えであっても固定金利から変動金利に変更する事は、金利上昇のリスクが大きいのであまりおすすめできません。
『フラット35』に借り換えて返済期間を延長するなら、どこよりも金利が低い楽天銀行がおすすめですよ。


【ボーナス返済が厳しくなってきた】

ボーナスの支給額が減ってしまい、ボーナス返済が難しくなってしまうケースも増えています。
家計の支出を見直しボーナス返済へ回すように計画を立て直す方法が一番良いのですが、それが難しい場合はボーナス返済がないものに借り換えると良いですよ。


【返済総額を減らしたい】

返済総額を減らすための方法としても借り換えは有効です。
現在利用している住宅ローンよりも低金利のものに借り換えると良いのですが、固定金利タイプのものに限ります。
変動金利タイプは金利上昇のリスクを考えると、あまりおすすめできません。

【数年後の返済額を減らしたい】

今はスムーズに返済できているけれど、『数年後子供の教育費が必要になる』などの理由から返済額を少しでも減らしたいという方や、
現在利用している住宅ローンの金利タイプが変動金利タイプの方で、今よりも金利が上がってしまうと返済が厳しくなってしまうという方は、
固定金利期間の長いものに借り換えると効果的です。