住宅ローン借り換えメリット

住宅ローンを借り換えると必ずメリットがあるというわけではありません。では、どんな時にメリットがでるのでしょうか?

一般的に借り換えの目安は『10年・1000万円・1%』と言われています。

・10年 → 住宅ローンの返済期間が10年以上残っている。
  ・1000万円 → 住宅ローンの残金が1000万円以上ある。
・1% → 現在と借り換え後を比較した金利差が1%以上ある

借り換えによって金利が0.1%でも低くなれば、十分にメリットがあるように思えますが、そこが注意したいポイントです。

借り換えには『諸費用』が必要になります。借り換えで少なくなった金利の金額が諸費用を上回らないとメリットはありません。

逆に諸費用が金利を上回ってしまったら、何のために借り換えたのか分からなくなってしまうので注意しましょう。

しかし、『10年・1000万円・1%』というのは損益分岐点の目安にはなりますが、それにあてはまらなくてもメリットが出る場合があります。

借り換えのメリットを計算する時は実質的なコストを計算してみる事がポイントになります。

借り換え前の銀行から返金される保証料・借り換え先で保証料が必要かどうか・手数料はどのくらい必要かなど、金融機関によって異なります。

機関がホームページで提供している『借り換えシュミレーション』を利用するとわかりやすいですよ。

店頭の窓口でも担当者が試算してくれますのでぜひ利用してみてください。

計算をしてみると、思っていたよりメリットが大きい事もありますよ。

借り換えに関わらず、手続きって面倒ですよね。借り換えにどのくらいのメリットがあれば、重い腰を上げて動きだしますか?

私だったら30万円以上ローンが減るんだったら、借り換えるかなぁと思います。

少しでも無駄なコストを家計から減らす事ができたら嬉しいですよね。まずは気軽に銀行で借り換えメリットを確認してみる事がおすすめです。