住宅ローン金利のタイプ

住宅ローンを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、金利がどの位かと言うことが一番のチェックポイントになっています。

住宅ローンの金利は大きく分けて3つに分けられ、固定型金利と変動金利、固定期間選択型があります。


固定金利型にも種類があり、全期間金利の変動が無く融資が受けられる場合と、段階によって金利が上がっていくタイプがあります。

2つのタイプは低金利で住宅ローンを組むことが出来ればメリットが大きく、返済計画も立てやすくなっています。


住宅ローンを変動金利で申し込む場合、年に2回金利の見直しが行われますが、5年間は固定金利で返済を組まれる場合が殆どになっています。

変動金利の場合、低金利になればメリットがありますが、逆に高金利になってしまう可能性もある点がデメリットとなります。


変動金利でも上限金利特約の住宅ローンなら、上限の金利が決まっているため普通の変動金利に比べると安心感があります。


住宅ローンでも固定期間選択型は、決められた期間の返済が終了した後、金利の状況に応じてどの返済方法にするか選ぶことが出来ます。

どの住宅ローンの金利も契約を行う時の状況や、これからの経済状況をある程度予測して行う必要がありますので、良く考えてから契約することが大切です。


住宅ローン借り換えの場合金利を比較しよう

住宅ローンを借り換えるにあたっては、金利を比較することが鉄則であると言えます。

住宅ローンではお借り入れの総額が数千万円になることも多く、ほんの少しの1%に満たないような金利の差であっても、数十万円単位で損をするか得をするか分かれるといったこともありがちです。

金利は、特にローン総額が多い場合には非常に重要な存在なので、慎重に選ぶようにしましょう。

住宅ローンで金利の低い金融機関を選ぶにあたっては、インターネットを役立てて金利のランキングを調べたり、銀行を最初からしぼりこまずに多くの銀行の中から良さそうなものを見比べるようにすると良いでしょう。

まず、現在組んでいる住宅ローンの金利を知っておき、それと比較するとどれほど得になるのかを判断することが基本です。

金利もタイプによって違うので、それぞれの特徴を知っておくことが大事です。

ずっと金利が一定である固定金利型と、経済の状況に応じて金利が常に変動するといった変動金利型に分かれています。

固定金利型でも10年間の間だけ金利が一定であるものや、変動金利型を取り入れられるミックス金利型など、銀行によっていろいろなタイプがあるのでまずは情報を集めることが大切です。